Tales from SeaBed

With the release date of December 19 fast approaching, we wanted to take a look back on the development process of the Steam version of the upcoming yuri-themed visual novel masterpiece, SeaBed.

SeaBed has been one of our most intensive projects so far, and we absolutely fell in love with the game while working on it. In total, we have worked on the game for roughly a year, from translation to polishing the user interface.

To start with the basics, SeaBed has been translated into English and edited by industry veterans Conjueror and Garejei, respectively, and we’re extremely satisfied with the flavor and life they have brought to the complex story.

While the translation work was ongoing, there was another big project that we undertook: the HD upgrade of the game. Well, HD isn’t technically accurate since the new base resolution is 1440×1080, rather than the 1080p standard, but I think it paints an accurate enough picture of what we did.

SeaBed was originally released in 800×600 resolution, but it features boatloads of stellar art (with around 100 unique CGs and over 1000 character tachies across the game) and we really wanted to make that shine. In a rare fortunate turn of events, the developer Paleontology had the original resources in higher resolution .PSD files, so we proceeded to recreate all the art in the game in the new target resolution. This work alone took months, but after playing the new version we hope you will all agree that it was well worth the effort.

Since not everyone has a 1080p display, we also added support for multiple different resolutions, including an automated resolution selection that by default always uses a resolution your screen can display.

Another visual aspect that we always pay attention to in visual novels especially is the fonts. When done right, you, the player, will never think about them. Especially not in the sense of “wow, this text sure is ugly/hard to read”. We typically evaluate dozens of different fonts before finding one that captures the tone of the game just right – so far, all of our visual novels use different fonts, not by any particular decision to never repeat the fonts we use but simply as the result of this process.

There can be a lot of text on screen in SeaBed, so the main font we chose for the English text has a calm and slightly clinical feel to it, befitting of the narrative tone of the game. It’s first and foremost easy to read.

A secondary font is used when reading through written materials in the game, and we aimed for a compromise between a handwritten feeling and still being easy on the eye.

The font size we ended up using is fairly large, so it’s readable even when playing on a lower resolution screen, but it can accommodate all the text that was meant for one screen and is not obnoxiously huge if playing full-screen on a large display.

SeaBed is our first visual novel that has in-game support for both Japanese and English languages – easily changeable at any time from the settings menu. This compounds all the effort that went toward polishing the text settings, as we had to make sure they would work even if people play around with language options.

Other improvements we have made to the game include improving the text skip mechanics, which will especially help those re-reading the story and looking for particular passages.

Moreover, our programmer Tony and one of our testers, Denis, worked together to loop all of the game’s 60+ music tracks in the game, so they now replay seamlessly while playing. The BGMs have been carefully chosen by the developer and play a crucial part in establishing the mood of each scene, and removing any distracting pauses was a way to further strengthen their effect.

Lastly, the original 800×600 ending video of the game has been recreated in loving detail in the 1440×1080 resolution, with bilingual credits. Look forward to it at the end of your journey!

Finally, the Steam version of SeaBed will come with full Steam features – achievements, Steam Trading Cards, Cloud support. Did you know that Steam overlay doesn’t work in all games automatically? There are various changes we’ve made under the hood in SeaBed – like many of our other games – to get the overlay working smoothly so you’ll never have to think about it.

Soon you’ll get to experience all of these changes live – and if you never have to stop to think about them, they’re working as intended.

First Look into AoS2 Multiplayer Options

We wanted to give everyone a quick update on the progress of Acceleration of SUGURI 2, as well as post some yummy new screenshots! We’re very excited to see the features clicking into place one by one.

This is the first official look into our new multiplayer options!

At this moment, the lobbies support 8 players. The players can freely challenge each other to matches, or use “Auto-Battle” to set themselves ready to battle anyone who challenges them. There are also various new additions on this screen, including avatar support, country and connection quality display, and reworked match options.

You can see the results of considerable effort on the character selection screen, in the modest form of an input delay setting. This lets you adjust your input delay to desired smoothness at any latency. Optimal delay is set automatically, and suggested range is color coded. We’ve had very good results with the solution in internal testing so far!

Kae shares some bonus words of wisdom! You can click on any of the screenshots for full 1920×1080 size. The Steam store page has also been updated with the new screenshots.

Two more bonus shots!

There are still a few major features missing, such as a list of active lobbies, but we’re confident the multiplayer beta won’t be far now!

[Video Game/Visual Novel Review] Lionheart

Another insightful review from Moonlitasteria, this time for our new RPG release Lionheart!

Moonlitasteria

With 2017 already fulfilling its unspoken promise of delivering a deluge of delectable games I will probably never be able to finish, it does become difficult to limit my commitment or even outright pass up on a particularly interesting find. Smaller projects especially seem to have this hold on me. Lionheart, a visual novel/RPG hybrid developed by doujin circle Shiisanmei is a fine example of one that is engaging, but a joy to come back to between play sessions. Players take on the role of Leon, a young man dreaming to be adventurer. After a chance meeting with a young woman named Maria, she enlisted his unique abilities to explore the Magic Labyrinth, “Libra Corridor.”

View original post 903 more words

Acceleration of SUGURI 2 – First HD Screens

We’ve been making some good progress with Acceleration of SUGURI 2 recently, and I wanted to share with you some of the fruits of our labor – the first HD screenshots!

That’s right, the Steam release of AoS2 will support Full HD resolutions and beyond.

Battle of the midgets – click on the image for full size.

Two cool women – click on the image for full size.

Hime wants you – click on the image for full size.

The multiplayer already works through Steam, in a basic form. Once we’ve finished upgrading the graphics and the multiplayer’s at a reasonable point in internal testing, we plan to have a public BETA for it on Steam. The framework for that is already prepared. We hope to have more details for you about that soon!

Look forward to accelerating!

Fruitbat Factory ローカライゼーションプロジェクト 『Chuusotsu – 1st Graduation』(Kickstarter)

更新履歴

2017年5月11日
・支援額を問わずアドオンをお申込みいただけるようになりました。(※Collector’s Editionは除外)
・アドオンにアクリルキーホルダーを追加しました。
・DualShockersによるインタビュー記事(英語のみ)が公開されました。

2017年5月10日
・ソーシャルストレッチゴールとしてThunderclapキャンペーンを開始いたしました。100名の支持者が集まれば、新規イベントCG×1枚がバイリンガル版に追加されます。

2017年5月7日
・『白兎』に『Collector’s Edition』を追加しました。
・『白兎 アーリーバード』(450ドル)を追加しました。

2017年5月5日
・『1st Graduation』に『Collector’s Edition』を追加いたしました。
・新しく『ソウルディスペンサー』(99ドル)と『1st Graduation アーリーバード』(800ドル)を追加しました。

2017年4月28日
・限定パッケージ版『Chuusotsu – 1st Graduation Collector’s Edition』を追加しました。詳細はアドオンセクションをご覧ください。

『ちゅーそつ!1st graduation』は、セカイ系ビジュアルノベル『J.Q.V 人類救済部 ~With love from isotope~』で知られるStudio Beastが手掛けた、全年齢向けビジュアルノベル作品です。日本語版は2016年8月にHD解像度で発売されました。

弊社Fruitbat Factoryは、『ちゅーそつ!』バイリンガル版(テキスト:日英、キャラボイス:日本語)を世界中のビジュアルノベルファンへお届けします。最高の形で本作品を発売するため尽力しておりますが、さらに素晴らしい作品として世に出せるよう、今回キックスターターを通してファンの皆様からご支援を募りたいと思っております。

ご支援いただいた資金は以下のように使用させていただく予定です。

・『ちゅーそつ!1st graduation』の英語ローカライズ費用
・Studio Beastによるバイリンガル版の内容強化費用
・同サークルの今後の作品制作資金

C1_CG1
ずいぶんやんちゃだった過去を持つ恋色だが・・・?

本プロジェクトへご支援いただくことで、バイリンガル版をベストプライスで入手できるだけでなく支援者限定のリワードを獲得できます。
また、日本語でしかプレイできない作品を、今後弊社がローカライズして世に出すための資金としても利用させていただきます。

BackerKitを利用いたします。それにより、リワード送付にかかる正確な送料や、KSキャンペーン終了後でも支援増額によるリワード内容の変更やアドオンの追加などが可能となります。なお、BackerKitは支援くださった方全員が利用可能となります。

01about
<ちゅーそつ!1st graduation~ちゅーそつの Time After Time~について>

新時代の統一国家・[世界人民連邦]によって定められた[P3法]にもとづき庁人シールの等級が人生を左右するこの世界。シールを与えられないちゅーそつは、すなわち[無能力者]を意味する。長きにわたる闘病生活の末、まんが大好き少女・毬須川アルエは、この春からちゅーそつとして生きていくことに相成った。

庁人硬度、たったの[5]。若くしてお先真っ暗なアルエの前途。

C1_CG2
アルエは夢を叶えることができるのか?

『わたしには、やるべきことがあるのに……』

自分に課した目的の為、この絶望的状況を打破し、人生をリカバーするために応募したのは――――

[ちゅーそつを集めたルームシェア生活!?]

より詳しい情報は公式サイトをご参照ください。
Fruitbat Factory – Chuusotsu!公式ページ
http://fruitbatfactory.com/chuusotsu (英語)
Studio Beast – ちゅーそつ!公式ページ
http://www.studio-beast.com/chuusotsu (日本語)
Visual Novel Database – Chuusotsu!
https://vndb.org/v18770 (英語)
Steam – Chuusotsuストアページ
http://store.steampowered.com/app/630870/Chuusotsu__1st_Graduation_Time_After_Time/
DualShockers – 英語版制作についてのインタビュー記事
http://www.dualshockers.com/fruitbat-factory-interview-talks-localizing-chuusotsu-1st-graduation-bringing-games-west/ (英語)

02goals
<目標額とストレッチゴール>

2017年5月10日
・ソーシャルストレッチゴールとしてThunderclapキャンペーンを開始いたしました。100名の支持者が集まれば、新規イベントCG×1枚がバイリンガル版に追加されます。

今回設定した目標金額は、本作をより洗練された作品へすることを可能にする額です。
もし多大なご支援を頂き目標額を超えた場合は、Studio Beastによる新規CGやその他の新要素を加える予定です。

03stretchgoals

本キャンペーンにご支援いただき、さらにお友達などへご紹介いただければ、目標額以上の達成確率が高くなるだけでなく、本作製作者への支援や、弊社が日本で製作された素晴らしい作品をより多く世界へ配信できる機会を増やすことにも繋がります。

コスト内訳

Pie

(右上から時計回り)
・Kickstarter手数料とその他諸経費 – 10%
・Backerkit – 2%
・リワード – 30%
・管理・宣伝 – 5%
・英語ローカライズ費用 – 53%

ご支援金の一部は、新規イラストやその他新要素の制作費として直接Studio Beastへ渡されます。
ご支援金額が大きくなるほど、より多くの人員でゲームのブラッシュアップが可能になります。

05pledgerewards<支援額別リワード>

C1_KS_01■支援要員
1ドル以上
パーティへご招待!:キックスタータープロジェクトページの『Updates and Comments』にて、最新情報の確認や弊社スタッフ・他の支援者(全リワード対象)とやり取りができます。

C1_KS_02■庁人シール
15ドル以上
ゲーム:DL版ゲーム(DRMフリー)+Steamキー

C1_KS_03■アーリーバード
18ドル以上(限定数:200)
・ゲーム:DL版ゲーム(DRMフリー)+Steamキー
OST:DL版公式オリジナルサウンドトラック『Sound Disc』

C1_KS_04■ちゅーそつ
25ドル以上
・ゲーム:DL版ゲーム(DRMフリー)+Steamキー
・OST:DL版公式オリジナルサウンドトラック『Sound Disc』
アバターセット:キックスターター限定壁紙とアバターのセット

C1_KS_05■シンクロ
50ドル以上
・ゲーム:DL版ゲーム(DRMフリー)+Steamキー
・OST:DL版公式オリジナルサウンドトラック『Sound Disc』
・アバターセット:キックスターター限定壁紙とアバターのセット
クレジット:ゲームクレジット欄に特別支援者としてお名前を記載(※公序良俗に反するようなお名前は記載できません)

C1_KS_06■お隣さん
75ドル以上
・ゲーム:DL版ゲーム(DRMフリー)+Steamキー
・OST:DL版公式オリジナルサウンドトラック『Sound Disc』
・アバターセット:キックスターター限定壁紙とアバターのセット
・クレジット:ゲームクレジット欄に特別支援者としてお名前を記載
スティックポスター:アルエ、あらら、恋色のスティックポスターを各キャラ1枚計3枚(約48x18cm)

■ソウルディスペンサー
99ドル以上
・ゲーム:DL版ゲーム(DRMフリー)+Steamキー
・OST:DL版公式オリジナルサウンドトラック『Sound Disc』
・アバターセット:キックスターター限定壁紙とアバターのセット
・クレジット:ゲームクレジット欄に特別支援者としてお名前を記載
Collector’s Edition(限定パッケージ版):トールケース、ゲームDVDディスク、サントラCDディスク、ゲームデータ入りオリジナルUSBメモリ、限定ポストカード×3枚

C1_KS_07■ホログラム
100ドル以上
・ゲーム:DL版ゲーム(DRMフリー)+Steamキー
・OST:DL版公式オリジナルサウンドトラック『Sound Disc』
・アバターセット:キックスターター限定壁紙とアバターのセット
・クレジット:ゲームクレジット欄に特別支援者としてお名前を記載
・スティックポスター:アルエ、あらら、恋色のスティックポスターを各キャラ1枚計3枚(約48x18cm)
OST(ディスク版):昼王氏と葛飾太子氏のサイン付きディスク版公式オリジナルサウンドトラック『Sound Disc』

C1_KS_08■セカイ系
200ドル以上
・ゲーム:DL版ゲーム(DRMフリー)+Steamキー
・OST:DL版公式オリジナルサウンドトラック『Sound Disc』
・アバターセット:キックスターター限定壁紙とアバターのセット
・クレジット:ゲームクレジット欄に特別支援者としてお名前を記載
・OST(ディスク版):昼王氏と葛飾太子氏のサイン付きディスク版公式オリジナルサウンドトラック『Sound Disc』
スティックポスター(サイン付き):アルエ、あらら、恋色のスティックポスターを昼王氏のサイン付きで各キャラ1枚計3枚(約48x18cm)
ポスター:新規イラストを使用したB2ポスター1枚

C1_KS_09■白兎(送料無料)
450ドル以上(アーリーバード)
500ドル以上
・ゲーム:DL版ゲーム(DRMフリー)+Steamキー
・OST:DL版公式オリジナルサウンドトラック『Sound Disc』
・アバターセット:キックスターター限定壁紙とアバターのセット
・クレジット:ゲームクレジット欄に特別支援者としてお名前を記載
・OST(ディスク版):昼王氏と葛飾太子氏のサイン付きディスク版公式オリジナルサウンドトラック『Sound Disc』
・スティックポスター(サイン付き):アルエ、あらら、恋色のスティックポスターを昼王氏のサイン付きで各キャラ1枚計3枚(約48x18cm)
・ポスター:新規イラストを使用したB2ポスター1枚
タペストリー:ビーチシーンを使用したB2タペストリー1本
抱き枕カバー:両面印刷の抱き枕カバー1枚(キャラクター:アルエ)

C1_KS_10

■1st Graduation(送料無料)
800ドル以上(アーリーバード)
1000ドル以上
・ゲーム:DL版ゲーム(DRMフリー)+Steamキー
・OST:DL版公式オリジナルサウンドトラック『Sound Disc』
・アバターセット:キックスターター限定壁紙とアバターのセット
・クレジット:ゲームクレジット欄に特別支援者としてお名前を記載
・OST(ディスク版):昼王氏と葛飾太子氏のサイン付きディスク版公式オリジナルサウンドトラック『Sound Disc』
・スティックポスター(サイン付き):アルエ、あらら、恋色のスティックポスターを昼王氏のサイン付きで各キャラ1枚計3枚(約48x18cm)
・ポスター:新規イラストを使用したB2ポスター1枚
・タペストリー:ビーチシーンを使用したB2タペストリー1本
・抱き枕カバー:両面印刷の抱き枕カバー1枚(キャラクター:アルエ)
色紙:お好きなキャラクターがモノクロで描かれた、昼王氏のサイン付き色紙1枚。

C1_H_04
<アドオン>

■24ドル
・ポスター:新規イラストを使用したB2ポスター1枚(200ドル以上のリワードに付いてくるものと同様)

■59ドル
・タペストリー:ビーチシーンを使用したB2タペストリー1本(500ドル以上のリワードに付いてくるものと同様)

■49ドル(支援額50ドル以上で選択可)
・Collector’s Edition:トールケース、ゲームDVDディスク、サントラCDディスク、ゲームデータ入りオリジナルUSBメモリ、限定ポストカード×3枚

■29ドル
・アクリルキーホールダーセット:主要キャラ3名のキーホルダーセット

アドオン1点をお申し込みの場合び送料は5〜15ドル程、複数お申し込みの場合はそれより少なくなる見込みです。
送料は本キャンペーン終了後BackerKitを通じて集められます。
なお、支援額が75ドル以上の場合、どのアドオンでも送料無料になります。

アドオンをご希望の場合は、元々のご支援額にアドオン分の額を加えてください。
その後、キャンペーン終了後に利用可能になるBackerkitにてどのアドオンを選択されたかをお伝えください。

C1_H_05
<送料>

下記は、現時点で試算された各リワード別の送料です。
各地域への発送数などの影響で金額が変わる場合がありますのでご了承ください。

本キャンペーン終了後、Kickstarterを通じて発送に必要な情報を収集いたします。
この情報を利用して正確な送料を算出した上で、Backerkitを通じてその額を請求させていただきます。

世界各地への概算送料は以下の通りです。

75ドル支援:10〜15ドル

100ドル&200ドル支援:15〜25ドル

500ドル&1000ドル支援:送料無料

いずれの国・地域へ発送でも、上記の料金幅で収まるかと見込んでおりますが、特定の国や地域については若干お安くできる可能性があります。
正確な送料はBackerkitにてお支払いしていただく予定です。

 
 C1_CG3
フレンドリーなお隣さん、こころ


なお、輸入に関する法律や税関など要因となり、ウクライナ、カザフスタン、アフガニスタン、ロシアへはリワードを発送することができませんのでご了承ください。

C1_H_06
<印刷系リワードについて>

オリジナルサウンドトラック『Sound Disc』以外の、物理的なグッズは全て本キックスタータープロジェクト限定です。
今回を逃しますと手に入れられる機会はほぼないかと思われます。
また、使用されているイラストもグッズのための描き下ろしであること、本キャンペーンが成功しなければグッズの製作自体が実現しない点もご考慮いただけますと幸いです。
弊社のウェブサイトやイベントなどで販売されることがあるかもしれませんが、基本的には本キャンペーンを通してのみ入手可能です。

各グッズの詳細は以下の通りです。

・Collector’s Edition

内容
トールケース
ゲームDVDディスク
サントラCDディスク
ゲームデータ入りオリジナルUSBメモリ
限定ポストカード×3枚
ジャケット内側に新規イラスト

・スティックポスター
75ドル以上のご支援で獲得できるスティックポスターの線画です。
メインキャラ3名の新規イラストとなります。

・キーアートポスター
ポスターで使用されるキーアートの線画です。
完成版の背景には満開の桜が描かれる予定です。

C1_KS_KAp1a

・タペストリー
B2サイズタペストリーに使用されるイラストは、ゲーム内でも登場するビーチシーンです。
完成品は画像とは異なる場合がありますのでご了承ください。

Wallscrolla

・抱き枕カバー
描かれるイラストはアルエはPrefundiaでのファン投票で決定されました。
Dakimakura
・アクリルキーホルダーセット
主要キャラ3名のアクリルキーホルダーセットです。

※上記の印刷系グッズは現在製作段階のため変更される場合があります。

C1_H_07

<スケジュール>

『ちゅーそつ』の英語ローカライズは既に着手されており、2017年終わり頃の発売を予定しております。
また、グッズの発送は2017年の終わりまでに完了する予定です。

C1_CG4
見つめるあらら

アメリカ合衆国内が対象となる作業についてはInterweave Productions LLSと協力して実施いたします。
本キャンペーンの管理とグッズ発送は弊社Fruitbat Factoryが行います。

C1_H_08
<Studio Beastついて>

始めまして。同人ゲームサークルStudio Beastと申します。

私達は主に成人向けのノベルゲームやアドベンチャーゲームを制作しているのですが、
この「ちゅーそつ!」という作品は、いろんな人に楽しんでもらおうという思いから
一般向けに作らせていただきました。

誰もが一度は経験のある、思春期の少年少女にありがちな葛藤や悩みを、
コメディを交えて描いている作品です。

「1st graduation」と言うことで、シリーズ作品の第一話にあたる作品ですが、
単体でもお楽しみいただけます。

また、JQVのような従来のStudioBeast作品が好きな方はもちろん、
女性が読んでも満足していただけると思います。

アルエ達“ちゅーそつ”トリオの青春ストーリーを是非お楽しみください。

Studio Beast 葛飾太子 昼王

Studio Beastは日本を拠点とする同人ゲームサークルで、『J.Q.V 人類救済部 ~With love from isotope~』などで知られており、質の高いシナリオと美しいイラストで非常に高い評価を受けています。

『ちゅーそつ!1st graduation~ちゅーそつの Time After Time~』はStudio Beastの手がけた4作目です。
現在は、サークル設立10周年を記念した作品『Suicide Fence』を鋭意制作中です。

C1_H_09
<Fruitbat Factoryについて>

2012年の設立以来、日本で制作されたあらゆるジャンルのゲーム作品をパブリッシングしています。

オンラインボードゲーム『100% Orange Juice』は弊社が取り扱う作品で最も知名度があり、その他にも『Eiyuu Senki – The World Conquest for PlayStation 3』、『ENIGMA:』、『War of the Human Tanks』シリーズなどが知られています。
また、VisualArt’s様が制作した『リトルバスターズ!』の英語ローカライズでは弊社が主体となりました。

『ちゅーそつ!』は社内の翻訳担当により翻訳されており、校訂担当はGareJei(Tokyo Babel、Himawari – The Sunflower, SeaBed, Dies Iraeの校訂を担当)です。

<リスクと挑戦>

『ちゅーそつ』の英語ローカライズは既に進められており、キックスターターの成否に関わらず、英語版は発売予定です。
そのため、余程のことがない限り、ゲーム自体は確実にプレイしていただけます。

今回のプロジェクトは、弊社が初めて手掛けるキックスタータープロジェクトとなるため、その過程で予想もしていなかった事態が起こる可能性があります。

それでも、他のサービスを利用してクラウドファンディングを成功された実績から、プロジェクト開始から実際にゲームやグッズをお届けするまでの過程についてはある程度予見できているとも自負しています。

本作を最高の形で発売したいという理由から、現時点ではっきりとした発売日を発表することは残念ながらできません。
また、ローカライズ中に何か改善点が見つかれば、当初のスケジュールを押してでも取り入れます。
本キャンペーンの成否により、Studio Beastによるゲーム内容のアップデートが予定されており、それによりさらに開発時間が長くなる可能性があります。

また、グッズの制作や発送については予見できない遅延が生じる場合もあり、そういった場合には関連業者の変更などが必要になる可能性もあります。

要約しますと、本プロジェクトで1番起こり得るリスクはグッズの配送遅延です。
そのため、本プロジェクト内で記載されている日付については、あくまで目安とお考えください。

哲学しましょう!